Deciding When Not To Decide

I’ve always thought a strong leader was a leader who could make a fast and informed decision about anything at anytime. I thought this kind of decision making would help you achieve a irreplaceable position in the organization.

And it might.

But it’s horrible for the developmental culture of your organization.

Making all of the decisions does nothing to help develop other leaders or make them feel like they’re an important part of the process and furthermore it continues to feed your self deception that you’re actually the smartest person in the room.

So these days when faced with a really important decision that needs to be made I’m learning to respond with a simple question.

What do you think?

Amazing how that one question…

-develops ownership
-generates better ideas
-creates extra time for you to focus on what only you can focus on

Don’t be afraid to let go of your need to control your own life. Decide not to decide.

I’m finding all kinds of uses for this principle at work, in my marriage and with my kids.

So let’s all say it out loud together….What do you think?

Anyone else struggle with a few control issues?

8 Responses to “Deciding When Not To Decide”

  1. ellen says:

    One of the best teachers I had in nursing school used to say that to us all the time!!! :-)
    She was trying to get us to think for ourselves, think logically and problem solve. She was always open to us if we still had questions, though.

  2. Frank says:

    I think we all have control issues, leader or not!

    “What do you think?” Can be an extremely powerful question, but only if you follow through. We need to be ready to listen to the response and then (occasionally) allow people to act on what they suggest…even if is wrong!

    Allowing people to make those mistakes and then gently correcting if needed, can develop character, good team member and great person. Making a mistake ( that is not devastating) is a great tool and more powerful than a 10 day seminar on learning to lead.

  3. […] Pete Wilson suggests a more collaborative approach to decision-making: […]

  4. CHANEL(シャネル)とは何かというと、ココ・シャネルが始めたファッションブランド。元々は帽子の専門店 「シャネル・モード」の創設からスタートしました。どのバッグを買おうか悩むのは、日本女性にとって喜びのひとつ。どんな大きさのエルメスバッグ 偽物を洋服に合わせるかによって、人に与える格好のジャンルが大きく変わってきます。グッチ・シャネル・ヴィトンのファッションブランドを始め、一流バッグはやっぱり安く売っている店がありませんね。アウトレットの値段でなるべくGETしたいものです。ハイブランドを身に着けているとどうしてだか気持ちが落ち着くだけでなく、自分がちょっとしたセレブになれたような気分に。つまりは、内面から満たされているように感じると言われています。安価に入手できるだけでなく、国外の一流ブランドの商品には海外でしか手に入らない物などが数多く揃っているので、そうした珍しい商品も通信販売でダイレクトに注文できます。 http://www.brandiwc.com/brand-6-copy-0.html

  5. 当店は海外安心と信頼のスーパーコピーブライトリング、代引き店です.正規品と同等品質のシャネル コピー代引き,品質が秀逸,値段が激安!ブライトリングコピー,代引きなどの商品や情報が満載!全商品写真は100%実物撮影です! お客様の満足度は業界No.1です!スーパーコピー時計,時計コピー ,ブランド時計コピー販売(n級品)店舗 ブランド腕時計(ロレックス,ブライトリング,タグホイヤー,オメガ,ガガミラノなど)の最新 情報やイベントを紹介する正規販売店と腕時計コピーの専門サイトです。当店はロレックスやパテックフィリップなどの新品スーパーコピー時計の販売と。 http://www.wtobrand.com/hec1.html

  6. 非常に優美かつ独特で、ずっと優雅な姿で潮流の最高峰に立って、流行に引率して 豪華スーパーコピーブランドお楽しみください!弊社は個性あふれるブランドコピー、すばらしい デザインと高品質を兼ね備えるスーパーコピーバッグ、優雅の魅力があるのスーパーコピー財布など人気商品が続々入荷! http://www.gginza.com/%E6%99%82%E8%A8%88/%E3%83%AD%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9/daytona/07a18fdca7e3553b.html

  7. ルイヴィトンコピー 偽物激安ヴィトンコピー 販売階のほらを輸入する資格があって、全国の第一項のナイロンのふろしき包みは傲慢なシリーズの女性を配合して包んで、高級で派手で、私達はただふろしき包みの中のハイエンドのブランドだけをしま。ハイエンドのファスナー、私達の採用の高級なファスナーは大工場のOEMからで、ファスナーが順調で滑るのは丈夫で、高品質と高享受。 http://www.gginza.com/%E3%82%A2%E3%83%90%E3%82%A6%E3%83%88/item_2.html

Leave a Reply